2010年03月06日

長久堂の上生菓子『水尾の里』

2006年12月2日購入。
長久堂の上生菓子、『水尾の里』

京都長久堂の上生菓子「水尾の里」

“水尾の里”とは、京都嵯峨野のさらに西北の山間の里の事
柚子で有名らしいです。

この上生菓子、記憶に残る和菓子です。
見た目も素晴らしく『柚』を表現していて、皮は上用饅頭なのですが、
色合いが、薄く緑色であったり、黄色だったりオレンジだったり…
絶妙な色合い。
中身の餡子が透けてこんな色になっているのかな?
と思ったけれど、実は、黄色の薄皮の内側に、
緑色のうす〜〜〜い皮が!!しかも、これが柚子の味で…。
柚子の味がしっかりして、皮はしっとりもちもち、
餡子もしっとり豊かな味で、100点!でした。


posted by たると at 16:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | 長久堂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
素敵なブログですね。私も一時期憧れから絵手紙や色えんぴつ画をやったことがありましたが、長続きせず。それでもまだあきらめ切れません。
こちらのブログを見て、またやってみよう!という気になりました。
私も上生菓子は大好きです。大好きなものを書いてみるといいかもしれませんね。
また遊びにきます!
Posted by pocha at 2010年04月06日 09:30
ありがとうございます。
何カ月かに1回ふと思い出しては更新をしているサイトです 笑
こののんびりゆっくり感覚が、継続の秘訣かなー
なんて、単に自らの怠け癖をフォローしているだけですけど…。

次回更新は気長にお待ち下さいませ(^^
Posted by たると at 2010年04月28日 01:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。