2008年11月02日

福寿堂秀信の「梢の九月」

2006年9月3日に購入。

この和菓子につけられた名前は、季節と共にある和菓子らしい名前。
梢(木々の先端)の九月
木々の先端が、少しだけ色付いてくる、秋にはまだまだ、
でも夏は終わったよね。といった季節。

今年食べた『秋一葉』は、この葉っぱシリーズの季節違いバージョンですねわーい(嬉しい顔)
(私が運営している和菓子徒然にっきにリンクしています)

こんな些細な季節も捉える和菓子の繊細さ。ふと、木を見上げたくなりますね。

福寿堂秀信の「梢の九月」

練りきり(緑・黄餡)
小豆こしあん
福寿堂秀信らしい練りきりのくっきりした歯ごたえ。


posted by たると at 00:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 福寿堂秀信 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。